FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  今日の介護 >  耄碌のギアチェンジ(続)

耄碌のギアチェンジ(続)

今日の介護(22)

 退院から3日目。
 耄碌のギアが一段階進んだようだ。
「(母の汚れ物を)洗濯機に入れて」と言ったのに、ゴミ箱に捨てる。
「洗濯機とゴミ箱は違う!」
 耳の遠さも進んだようで、
「洗濯機とゴミ箱は違う!」
 つい大声を出してしまう。で、イラつく。母にも自分にも。イカンイカン、ス-ハ-ス-ハ-

 96歳が20日間もベッドで寝たきりになっていれば、耄碌も進むさ、と思うことに。

 ポ-タブルトイレには少しばかり慣れてくれた。細かい細かい手順は検討の余地ありだが、あと5日もすれば、うまくいくと思う。
 そうなれば、夜の心配から少しは解放される。

 今日はデ-ケアに行く日。なんのことか理解できなくなったみたいで、朝ぐずっていたが、戻ってくると、介護職員の方が「けっこううまくいきました」とニコニコしていた。ものすごく安堵する。

(追記)今朝のラジオで、「妻が介護で実家に。俺は1人暮らし」。日本全国、同じようなことが始まっている。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    
 
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/04/18 16:49 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(1)
お見舞い申し上げます。
最近、いろいろと忙しくこちらのブログはチェックがおろそかでした。

お母様の介護の中、ご自身もギックリ腰とは本当に大変でしたね。
心からお見舞い申し上げます。
でも、息子さんに自宅でここまで面倒をみて頂けるお母様は本当にお幸せと思います。
米本さんには、あまりご無理なさらぬようにと言いたいところですが、そうも言っていられないこともおありでしょう。
くれぐれも、お身体にはお気を付けください。
[ 2019/04/20 13:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する