FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  今日の介護 >  母は退院に。

母は退院に。

今日の介護(20)

 母は15日(月)に退院することになった。結果、入院期間は22日。
 今日、病院に関係者が集まり、退院後のことを打ち合わせした。
 実に多くの職種の人たちに支えられていることを、痛感した。すごいことだと改めて感じた次第である。

 集まったメンバ-を列記すれば--。
・病院の介護関係の相談員
・病院の看護師
・病院の作業療法師
・ケアマネジャ-(介護支援専門員)
・ヘルパ-センタ-
・デ-サ-ビスセンタ-
・訪門してくれている作業療法師
・訪門してくれている看護師
・福祉器具の担当員
 合計9人!である。

 報告・やりとりを聞いて浮かんだのは「協業」という言葉である。またそれぞれに金銭のやりとりがないから、「私心」「底意」」なく発言しているのが印象的だった。

 決まったのは、
(1)家でも夜間はポ-タブルトイレにし、ベッドの横に置く。日中は歩行器を使ってトイレに行く。
(2)1本足の杖はしまい、4本足の歩行器だけにする。
(3)何かあったときは24時間対応の看護師派遣サ-ビスを利用する。
(4)要介護2では介護保険のわくが限界なので、要介護3に変更申請をする。3になれば、今は3ヶ月1回の訪門看護が月に1回となったり、いろいろ支援してもらえる。

 母は退院、俺はまだ整骨院通いか-とちょっと複雑な気分になったが、昨日の整骨院での電気針が効いたのか、少し腰が軽くなっていた。いい兆候のような気がする。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/04/12 15:12 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する