FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  今日の介護 >  入院期間は1ヶ月に。

入院期間は1ヶ月に。

今日の介護(15)

 今朝(3月29日)、主治医から改めて母の状態を聞いた。
(1)尿路感染症で、その治療を行なっている。膀胱から大腸菌が検出されている。
(2)尿路感染症だけなら入院は2週間でいいが、心臓(血圧、整脈、心拍)が安定していない。尻もちをつかれたということだが、血圧が急に下がって、力が脱けたからではないか。安定させるためには、入院は4週間。

 尻もちをついた理由は、主治医の分析通りだろう。
 今朝見舞ったとき心臓モニタ-が付けられていた。確かに数値が安定せず、ときおり赤が点めつする。ただし、当人の意識はクリアで、受け答えもふつうだった。
 俺の飯を心配している。よく言うなぁ。母さんの飯まで作っていたというのに(苦笑)。
 治療の選択肢といったものがあれば、研究検討はするが、病院に任せるしかない。

 順調に治療が進めば、退院は長連休の前になるか。
 心配なのは筋力である。以前と違って、病院はリハビリに前向きに取り組もうとしているようだ。
 <病気は治りました。ただ歩行はできなくなっています>
 こんなんじゃあ、駄目だから、当然のことだが。
 来週から、個人的にリハビリをやるつもり。もちろん、看護師さん了解のもとで。

 一方の「痛い」の話。
 身体を動かされたり、触ったりされて、原因が分かった。勉強になった。
 朝の5時、いきなり、重いものを持ち上げようとしたのが、しかたがなかったとはいえ、身体にとっては最悪だった。
 目覚めたときは身体が硬直している。それが着替えをしたり、顔を洗ったりして、つまり朝の生活をするようになって、身体は徐々に柔軟になってくる。このときに重いものを持ち上げようとする場合、多少の準備をするだろうから、ぎっくり腰にはならない。


 つまり、もともと年もあって筋肉は硬直している。なのに、朝の5時、いきなり筋肉を使う。で、固まってしまい、腰をスム-ズに曲げることができなくなった。
 骨ではなく筋肉。
 いろいろやってもらって、ずいぶん楽になった。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/03/30 11:45 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(1)
安心しました。
 近くに良い整骨院が見つかって、痛みも緩和してきて良かったですね。
 お母様の入院生活も大変でしょうが、まだ普段通り会話ができるだけでも幸せなことだと思います。(亡き母の無言の寝たきり5年余りの介護生活を回想しながら...)
 お二人の早いご回復を祈っています。
[ 2019/03/30 17:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する