FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  今日の介護 >  想定外のこと&急遽入院

想定外のこと&急遽入院

今日の介護(12)

 3月24日(日)の朝、階下で物音がするので降りてみたら、なんと母親がウンチまみれでのたうちまわっていた。驚いたのなんの。トイレの便器、母の寝室にいく廊下、母の寝室。いずれも「まみれ」であった。
47853769.jpg

 時間は朝の5時。
 状況は今でもよく分からないのだが、はっきりしているのは床に尻もちをついた状態で、もがいていたということだ。
 ともかく、激しくクサイし激しく汚いので、新聞紙や専用の尻拭きペ-パ-、布巾タオルを使って、ふつうにクサイ、ふつうに汚い状態にした。オチンチンの毛もべっとりウンコまみれ。まいったまいった。
 
はベッドと、台所の椅子生活。トイレも自立である。
 ところが、床に尻もちをついた場合はどうなるか。
 これは想定内のことなので、週2回くる作業療法士さんと、どのような動作をすればいいか相談したこともあった。ただ、実際にやってみたことはなかった。これは反省しなければならない。
  
 ともあれ、何らかの事情で、ウンチをした状態で、床に尻もちをついてしまった。何とか起き上がろうと、もがいた。
 そのときの音が聞こえてきたというわけだ。

「ふつうにクサイ、ふつうに汚い状態にした」あとで、母を起き上がらせ、とにもかくにもベッドに座わらせようとした。
 少しばかり腰を回わすなりして準備運動をしておけば良かったのだが(朝5時なので身体はまだ覚醒していない)、いきなり母を持ち上げようとした。
 50㎝ぐらい持ち上げれば、母をベッドに座わらせることができる。そうすれば、下を取り替え、上を取り替えることができる。よし!
 しかし、母は50キロである。ヤングマンの頃(笑)に少しばかり高山トレッキング(南アルプス)したことがあるが、30キロを持ち上げるのがやっとだった。
 それがいきなりの50キロの物体。ほとんど動かない。それを何度かやるうちに、ぎっくり腰になってしまった。激痛である。
 もうくたくた。日曜日の朝の6時半。介護関係の人と連絡を取ることはできない。
 困ったあげく、119に電話した。用件は床に尻もちをついている母親をベッドに座わらせてもらいたい。<119の仕事じゃないよなぁ>と逡巡したが。
 相手も戸惑った。少しばかり相談したようだが、救急車が来てくれた。
 隊員は5人。50㎝上にというだけなのに。恥ずかしいやら申し訳ないやら。
 あらためて、救急隊員を見直した。
 実にてきぱきしている。持病は心房細動だというと、最悪のことを想定し、心電図計を取り付けたりいろいろ。動きに全くムダがない。念のため、病院で検査を受けた方がいいという。
 で、サイレン鳴らして、かかりつけの生協病院(救急指定病院でもある)に。

 検査の結果、白血球の数値が高く、体内のどこかで炎症を起こしているということで、急遽入院ということになった。
 数時間後に、尿路感染症の疑いあり。入院期間は2週間という。
 
 入院と聞いてやや安堵した。
 家は「クサイ状態」。小生はぎっくり腰。母が戻ってきても、足の踏み場もなく、どうすればいいのかと不安に思っていた。きっと小生が声を荒らげたり・・・(結果、自己嫌悪)

 家に戻って、痛みをこらえながら、休み休みしながら、片づけ開始。ウンチ関連ゴミが45リットル袋に一杯。
 初めて分かったのだが、ウンチの臭いは強烈で消臭できない。4回も5回も拭き、消臭剤も使ったけど、クサイのは完全には取れない。
 畳は表替えしなければならないかも。うんざり。
 クサイ・痛い・クサイ・痛い。痛い・クサイ・痛い・クサイ

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    

関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/03/26 16:29 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(3)
お見舞い
お母さまも驚いて戸惑ったでしょうね。
描写が詳細で様子が目に浮かびます。

ちょうど1か月前、我が家の夫も夜中にトイレへ起きた時に尻もちをついて腰椎を圧迫骨折してしまい、ちょっとした出来事で生活が一変してしまう経験をしたばかりです。

お母さまも米本さんもどうぞお大事に。
[ 2019/03/26 20:56 ] [ 編集 ]
お大事に
大変でしたね。

救急車呼ぶことに躊躇したようですが、お母様の状態から呼んでよかったです。
入院が必要な状態だったわけですし。

腰痛は大丈夫ですか?
お大事になさってください。
[ 2019/03/26 21:25 ] [ 編集 ]
お見舞い、感謝です。
 お見舞いの言葉、とても感謝です。

 続きを書きます。
[ 2019/03/28 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する