FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  今日の介護 >  老人を殺すには刃物はいらない

老人を殺すには刃物はいらない

今日の介護(1)

 殺人的暑さである。松江も昨日は37度を超えました。朝から異常でした。
 問題なのは、やはり母の熱中症です。
 つい最近のこと。
 訪門リハビリの方(作業療法師)がいつも通り血圧を計ったら、80-55。水をいっぱい飲ませて計ったところ、今度は94-60に。
 どちらかといえば低血圧気味で、100前後ぐらいだったらあまり気にしませんでしたが、さすがに90を切れば(;゜0゜)

 これをきっかけに、朝、布団の上に座わると、麦茶などを飲むようにしています。立ち上がって転倒となったら,大変です。やさしい?そんなことはありません。転倒→骨折→救急車→入院。なんてなったら、こちらの負担は膨大。それと比べたら、麦茶を運ぶぐらい訳ないことで。
 高齢者の事故の7割強が家の中でだそうですよ。

 ところで、一昨日だったかの最高気温は岐阜の40度強だったとか。 
 2年後には41度、4年後には42度を記録する。あながち飛っ拍子もない話ではないと思います。
 6年後の最高は43度。8年後は44度。10年後にはついに45度を記録する。

 少子高齢化対策の「高齢化自然対策」にはなります。
 なぜなら、熱中症でどんどん死んでいきます。高齢者は喉が乾かないので、水分を取りません。

(反論)ク-ラ-が効いている室内にいるから、熱中症にはなりにくい。
(回答)確かに。うちもつけっぱなし。しかし、うちをふくめ電気代を気にしなければならない家庭は少なくない。
 それよりなにより、外に出かけることがなくなり、足腰が極端に弱わる。

 てなわけで、「45度時代」になったら、「高齢者問題」はなくなるかも。団塊の世代は早々と死んでいく。

(追記)パキスタンで45度以上を体験しました。友人のレンガ造りの家は窓を閉めて暮らしていました。チェニオットだったか街の見物から家に戻ると涼しい!ク-ラ-、入れたの?って感じだった。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    

関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/07/21 12:05 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する