FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  老いる:精神編 >  行動意欲-88歳→95歳

行動意欲-88歳→95歳

<老いる:精神編(7)

 母が88歳の頃、つまり小生が松江に戻った頃、母はヘルパ-さんに、煎茶とお菓子を出すのを日課としていた。とりわけ気を配っていたのはお菓子である。(城下町・松江はお茶とお菓子にはこだわりがある)
 このため、毎週のようにス-パ-・イオン内の菓子店に出かけていた。歩いて5、6分の近場だが、シルバ-カ-の母にとっては遠い。で、タクシ-である。
1000円の生菓子を買うためにそれ以上の往復タクシ-代。小生が1人で買えばいいのだが、外出と菓子選びは脳への刺激となる。といっても、毎週のタクシ-代はいかがなものかと、軽の中古車を購入しようかと考え、いろいろ調べた。車椅子を載せることができるように改造可能かどうかも含めて。

 しかし・・・。
 まず免許を取るのに30万円。車が30万円。合計60万円だ。これに車検代、税金、ガソリン代・・・。
 で、母を毎週イオンなどに連れて行くとして、年間52回(週)のお出かけである。毎回のタクシ-代が1000円として年間5万2000円。10年で52万円だ。
 てなことを考えれば、車を買うのはバカバカしい-ということになりましたとさ。

 3、4年前には、牡丹で有名な大根島の由志園に出かけたこともある。6000円のタクシ-代を考えると、中古車を買った方が良かったかと思うが、牡丹が咲くのは年に1回だからなあ

 関東から家族が顔見せに松江に来たときにはレンタカ-で、花見とか境港の魚市場見学に出かける。それ以外は…。
 あっ、そうだった。
ダウンロード

 2年前の5月だったか、母と二人で東京に出かけたことがある。「家族だよ!全員集合」(兄家族&小生の家族。13人)。東京スカイツリ-にあがりたかったけど、もう無理無理ベ-ビ-

 結局、羽田空港の食堂で食事をして、羽田のホテルに泊まって、東京よサヨウナラ。ちなみに、羽田のホテルはなかなかエキサイティングだった。湯につかりながら飛行機の動きをまじかに見るなんて。

 このとき以降、母と2人で外出することはなくなった。リハビリのための散歩はする。だが、最近はカラスの行水で、せいぜい往復50メートルだ。
「月照寺の紫陽花がきれいらしいから行ってみるかぁ」
「たまには寿司でも食べに行くかぁ」
 いずれも、ノ-。「どこにも行きたくないけんね」

 つまり、関心が 失せているのである。2年前のしんどかった上京、実行して良かったとつくづく思っている。といっても、当人は覚えていない。で、ときおり写真を見せて、「お江戸に行ったよ」と洗脳しているのである。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/07/01 15:35 ] 老いる:精神編 | TB(-) | CM(3)
Re:行動意欲-88歳→95歳
詳細に老いの変化を観察され、情報提供とても参考になります。

人の老化の過程を知ると、人が誕生し生育していく過程に比べ個人差が大きいように思います。

犬の散歩で出会った女性は92歳の時に、「女学校の同期会に出席するため一人で東京へ行く」と話していました。静岡から新幹線で品川へ、そこから会場までは近いみたいでしたが、駅構内の移動だけでもすごいなと感心してしまいました。

犬の散歩では公園でボールを投げて、走って、「92歳」素晴らしいお手本でした。

でも、彼女にも必ず「今までどおり」ができなくなる日がくるのが「老化」ですね。
[ 2018/07/01 20:16 ] [ 編集 ]
自家用車派です
>まず免許を取るのに30万円。車が30万円。合計60万円だ。

免許代30万円は費用から除外してほしいなあ。レンタカーを借りるにも運転免許は必要だし。

あと、車両代は10万円くらいでお願いします。
私事で恐縮ですが、私の父は、隠居するまで残車検付き5万円以下のしか買ったことがなかった。車に興味のない子供の目にも一見して分かるほどのボロ車だったけど、そんな父の倹約精神が当時の僕には誇らしく思えたものです。

これで、合計10万円だ。
いかがです? 笑
[ 2018/07/07 13:16 ] [ 編集 ]
Re:自家用車派です
>免許代30万円は費用から除外してほしいなあ。レンタカーを借りるにも運転免許は必要だし。

 うんうん。

 この世で、自分だけの意思で決定できることがあります。それは自死です。自分の生と名前は親から与えられたもの。自分以外の一切と関係なく、自分の意思だけで決めることができるのは、唯一、自死だけです。尊いです。

 かなり研究検討した結果、一番いいのは練炭自殺です。
 問題はどこでやるか。
 この家でやれば、家の不動産価値は激減します。相続人である兄一家に迷わくをかけます。

 となると・・・。
 山陰の広くてきれいな砂浜で、テントを貼ってやるか。
 レンタカ-を借りて、いや10万円で自家用できるのなら、公立公園でできるか。大山の麓がいいか。
(いずれも、賠償金の有無はまだ調べていない)

 まあ、こんな訳で、運転免許のことは考えています。
 一番いいのは、一緒に死んでくれる妙齢のご婦人が免許をもっていて、酔いながら黒の舟歌でも歌いながら・・・です。
[ 2018/07/09 14:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する