FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  身辺雑記 >  限界集落の哀しさ

限界集落の哀しさ

ダウンロード (1)
身辺雑記(8)

 紫陽花の季節になった。
「ボケるって素敵なことかも」で登場してもらった,母の友だちが亡くなったのは、2年前のこと。
 あのとき、亡骸に家の紫陽花をそなえさせてもらった。はや、三回忌である。

 当然のことながら、空き家状態の家をいつまでも放置しておくことはできないから、三回忌の法要後に解体することになっている。売却先は島根トヨタ。駐車場となると思う。

 何だか寂しい、哀しいなぁ。

 近所をはしる道は「松原通り」と呼ばれている。
「なぜ、この変哲もない道が松原通り?」と、車で通る65歳以下の市民なら誰だって思うはず。
 当然のことだ。
 父・母の若き頃の写真を見れば、松の木が通りの両側にきれいに並んでいる。その大昔の国道で、参勤交代の通り道だったという。
 小生が子どものときは、かなり切られていたが、それでも松は点在していた。
 今は一本もない。ゼロである。

 上京するまでのご近所(町内会)は-。
 坂上さん(えっちゃんは2、3年下だったか)→駐車場
 藤井さん(たかしちゃんは1年上、ようこちゃんは1年下)→近く駐車場
 舟越さん→駐車場
 森脇さん(いさむさんだったか、2、3歳年上)→売却で、知らない人が住んでいる。
 
 反対側
 勝部さん(テレビが最初に入った家。近所の洟垂れが5,6人で行くと、きれいな人がスィッチをつけてくれた)→売却。駐車場。
 松本さん。老夫婦で健在。
 曽田さん(年下のますちゃん、のりちゃん、やっちゃん、こうちゃんがいた)→売却。トヨタの駐車場。
 米本さんち。
 岩崎さん(たくさんいた。7,8人ぐらい。今は行あんちゃんとその嫁さんだけ)。

 ツ-ことは、知り合いで残っているのは松本さん(夫婦2人)と岩崎さん(夫婦2人)だけ。松江駅から歩いて10分のまあ一等地は限界集落なのだぁ!
 一方で、平安祭典と天下のユニクロが開店した。10数回階建てのマンションも2棟。
 昔の国道は、今や国道9号線の裏道として飛ばし道となっている。

 上京したときには20人ぐらいいたご近所は、今やたった4人。
 挨拶するような日常は消え失せた。
 情緒的に安定しない。理解していただけるだろうか。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/06/04 18:38 ] 身辺雑記 | TB(-) | CM(6)
悲しいことですが•••
これからこの現象はあちこちに見られます。

参考:「未来の年表」「未来の年表2」河合雅司著 講談社現代新書
[ 2018/06/10 19:04 ] [ 編集 ]
Re: 悲しいことですが•••
 投稿感謝です。
 紹介された本、読んでみます。何だか恐そうですが・・・

 最近、出雲風土記に関する勉強会に参加しました。盛況でしたが、私を含めほぼみんな65以上の男性。古代史好きの仲間同士ではなく、1人参加者。
 あと10年もすればと考えると、さぶいです。
[ 2018/06/11 16:22 ] [ 編集 ]
選択
しがない庶民の生活は、残念な経済の法則に一方的に飲み込まれていきます。
我々にできることは、どう飲み込まれていくかを選ぶだけなんだろうか。
散り散りになったご近所の皆が、幸せになっていればよいですね。

[ 2018/06/12 10:16 ] [ 編集 ]
Re: 選択
 投稿感謝です。
「猪カレ-を地域活性の起爆剤に」なんて、地元新聞の記事を読んでいると、落ち込みます。
[ 2018/06/14 17:15 ] [ 編集 ]
Re2: 選択
カレーチェーン店のココ壱番屋でも、島根限定メニューで猪カレーを出しているとか。冬季限定。

野生獣肉を有効活用との触れ込みらしいですが、いのしし狩りの手段として全国的に違法なトラ挟み・くくり罠が使われているケースが多いらしい。
なんてことを踏まえると、僕にはネガティブなイメージしか湧いてきません。
地域活性化運動としては、かなり残念な部類。
[ 2018/06/17 09:24 ] [ 編集 ]
Re3: 選択
>いのしし狩りの手段として全国的に違法なトラ挟み・くくり罠が使われているケースが多いらしい。

 死んだ猪はすぐに痛むらしく、その結果、生け捕りにした猪を屠殺して加工するようになっているとテレビでやっていました。
 殺した猪をゴミにするのはもったいないと、活用をはじめたのが、「いのしし」の出発点だったはず。

 新鮮いのししを調理して売り込んでも、地域活性にはなりません。
 理由は、たいしてうまくないからです。それでいて値段は安くない。だから、無理だと思います。 
[ 2018/06/17 18:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する