FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  介護考 >  幼稚園とデイサ-ビス

幼稚園とデイサ-ビス

介護考(2)

 これまでの「老いる-肉体偏」で、目・歯・筋力・可動域など身体の部位ごとの老いを細かく書いてきた。いずれ小生も母と同じようになっていく。自分のごく近い未来を知る上で、母の変化はとても興味深い。自分の今後の老後が目の前にあるのだから。
 
俺も何年後にはこうなるのかと、親の介護をしながら考える。ときにいろんなことを想う。勉強になる。

 そんなに介護介護やっているわけではないけど、朝は割と忙しい。
 デ-サ-ビスのときは、持ち物(といってもタオル2枚)をス-パ-の袋にいれてカバンに入れる。連絡帳に目を通し、必要なことはときにメモをする。
ダウンロード

 幼稚園生の頃の1コマを思いだす。母(今の95の老婆)がカバンにいろいろ入れていたときの光景である。
 同じことをやっているのだ。数十年前と同じなのだ。

 数十年前、母はぼくを送り出してくれた。今はぼくが母を送り出す。タオル、連絡帳、化粧道具、ブラシをいれたカバンをもたせ。
 半世紀以上の時代ラグ。違うのは小生の脚力の衰えである。片足立ちで靴下がはけなくなった。トホホのホである。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/05/06 12:43 ] 介護考 | TB(-) | CM(4)
Re:幼稚園とデイサービス
朝の忙しさは想像がつきます。お疲れ様です。

持ち物をそろえるのも、トイレを済ませることも、幼稚園児は自分でできる部分がありますが、老人の場合は身体が自由に動かせなくなっていくため、身支度のほとんどが介護者の負担になるし、92歳で亡くなった母の時のことを思い出すと米本さんの大変さは想像がつきます。デイサービスのお迎えは朝早いですしね。

脚力の低下は気付いた時に鍛えれば、まだまだ元に戻れるお歳だと思いますよ。嘆く前に片足立ちの訓練と股関節をやわらかくするストレッチを毎日やれば、じきに片足立ちで靴下はける元の状態になると思います。70歳目前の私がそうでしたから。老化のスピードを鍛錬で遅らせることは可能だと思います。

老化への詳細な観察記録、とても参考になります。これからもお身体に気を付け、鍛えつつ続けてください。楽しみにしています。
[ 2018/05/06 20:30 ] [ 編集 ]
感謝
 うれしい投稿、感謝です。

>脚力の低下は気付いた時に鍛えれば、まだまだ元に戻れるお歳だと思いますよ。嘆く前に片足立ちの訓練と股関節をやわらかくするストレッチを毎日やれば、じきに片足立ちで靴下はける元の状態になると思います。

 アドバイス、感謝です。
 ベッド運動をやりたいです。
[ 2018/05/07 19:49 ] [ 編集 ]
じじいの筋トレ
筋肉のことなら任せてくださいよ。
30~40代の頃、筋トレ馬鹿でした。筋トレ馬鹿ではありましたが、専門バカではありませんよ。
近所にフィットネスクラブがあって、週に2回くらい通えるならやったほうがいいです。
各1時間くらいかけて、適切なトレーニングを行えば、効果てきめんです。

そういう施設のスタッフには専門バカの人が多く、彼らの指導を仰ぐと、ジジイ向けの変な流行のプログラムを勧められたりします。が、そんなのは無視して、施設だけ利用させてもらう。
年齢に関わらず、バーベルを使ったスクワットのような王道の筋トレを覚えるほうがよいです。覚えべきことが少々多いので遠回りのようですが、結局いちばん近くて確実な道だと思ってます。

私の方は、85歳の母とは会えば今でも喧嘩ばかりです。先日などは癇癪を起こして、私と父に対して殴り掛かってきました。
「このクソ男ども!!」
と大声で喚いていましたが、元気でいてくれるのは有難いことです。
[ 2018/05/09 17:01 ] [ 編集 ]
Re:じじいの筋トレ
 アドバイス、感謝です。

 近々、トライします。

 母上、元気はつらつで、なによりです。
[ 2018/05/10 14:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する