ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  介護家族を誘(いざな)う善意と意識下の悪意 >  早期発見早期治療洗脳

早期発見早期治療洗脳

介護家族を誘う善意と意識下の悪意(2)

 前回記事への、なな草さんの秀逸なコメントである。

 米本さんがおっしゃるように、簡単にアリセプトを処方しなかった医師はいい先生だと思います。
 巷には、一人暮らしの方に平気でアリセプトを処方する医師、家族が「最近物忘れがあって」と言うと、検査も何もせずアリセプトを処方する医師•••(後者は内科開業医に多かったです。)
 皆もアリセプト(抗認知症薬)の信仰強くて、飲ませたら何とかなると思っていて•••&早期発見早期治療洗脳がここにもはびこっていて•••この信仰&洗脳を解くのは容易ではないです。 


 早期発見すれば早期治療ができ、病気は治る。
 この耳に入りやすい命題は正しいかどうか。


 さいたま市にいるとき、近くのドラッグストアに入ると、いつも店内放送で早期発見、早期治療、乳癌は治りますを流していた。
 早期発見すれば早期治療ができる。
 これは正しい。あたりまえだ。早期発見すれば後期治療ができる-なんて、言葉として成立しない。
 しかし、早く治療すれば、病気は治るのか。
 是非、考えてもらいたい。
 虫歯は、早く見つければ早く治療することができ、治る。実際に体験した読者は多いと思う。
 では、乳癌はどうか。

death271.gif

【出典】 「乳がん検診にマンモグラフィー」

 このサイトの管理人は不明だが、マンモグラフィー検診推進者であろう。お馬鹿なサイトというしかない。乳癌検診(〓早期発見早期治療)は遅々としてあれど進んでいるのに、乳癌で死亡する人は増えているのだ。
 まさにパラドックス!(正しそうに見える前提と、妥当に見える推論から、受け入れがたい結論が得られる事を指す言葉である。逆説、背理、逆理とも言われる)

 で、俺はドラッグストアで店内放送が流れる度に、店員(パ-トの主婦)たちに毒づいた。
「早期発見早期治療しても乳癌で死んでいく女性たちは増えているではないか!」
 検査業界、抗ガン剤業界から宣伝費がストア本部に流れているため、どうしようもないのだが。

「早期発見早期治療、乳癌は治ります」
 このキャッチがデマであることは分かったであろう。
 ところで、前出のなな草さんは「早期発見早期治療洗脳」と表現していた。

 いったいどういうことだろうか。(続く)

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    
関連記事
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/02/17 22:16 ] [ 編集 ]
お願い
 非開示投稿された方に。
 別に、非開示にしなければならないような投稿ではありません。
 今後は開示投稿で、お願いします。

「がんに限っては、早期発見の方が根治する確率が高いとされてます。全身に転移する状態で発見されると、手遅れであることが多いので」

 根拠となる文献が知りたいところです。
 早期に癌を発見したとき、癌の大きさはアバウト1㎝程度。転移する癌であれば、1μから1㎝に増殖する過程で、すでに転移しています。だから、早期に癌を発見しても、転移しているものは転移しています。
 近藤ドクタ-の書籍を読めば理解できるはず。

 私が手術したときの大腸のがんの大きさは5㎝。大腸を塞ぎ、ウンチが出なくなるほどの大きさでした。
 担当医によれば、5、6年前に出来た癌ではないか。
 5、6年間放置しても、転移しない癌だったということです。

 癌には、「転移する癌」と「転移しない癌」があります。
[ 2018/02/18 11:28 ] [ 編集 ]
本の紹介
癌検診をすることは否定はしません。
私の職場にも「検診」をライフワークとして、「自分は検診受けることで安心を得てる。」と言っている人がいます。検診受けることで精神的安定=精神的健康=生活の安定になっているわけだから、やめろ!とは言いません。

ただ、検診→早期発見→早期治療にはつながらないのです。残念ながら。
(そう言えば、認知症の早期発見を早期絶望と言った人がいるなー。ちなみに私は認知症の早期発見•診断は、対応や考え方によっては早期絶望にならないと思ってます。)

前置き長くなりました。本の紹介します。
「がん検診を信じるな」鳥集徹著 宝島社新書
題名は題名ですが、全面的にがん検診を否定しているわけではないので、癌検診肯定してる人も、読んで欲しいと思います。
[ 2018/02/18 22:01 ] [ 編集 ]
誤診を忘れずに
がん検診の話題に一言。
早期であればあるほど誤診の可能性が増えると思います。

誤診は見落としだけでなく、良性を悪性と見誤られることがあることを忘れないでください。

http://www3.tokai.or.jp/shimizu/goshin_01.html
[ 2018/02/19 20:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する