fc2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  一筆 >  科学か政治か。

科学か政治か。

一筆(4)

一筆(3)の記事「コロナはただの風邪?」に投稿されたaquaさんのコメントである。
「コロナ問題も極右と極左が現れてきていると思う。それぐらい、新型コロナウィルスの社会に与えるインパクトは大きい。冷静で公正な判断が重要です」

趣旨には賛成するが、「コロナ問題も極右と極左が現れてきている」についてはどうかと思う。
右翼左翼の問題ではなく、発言が政治的かどうかにあるように見受けられる。

たとえば、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長の発言である。
日本感染症学会の講演で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長が登壇し、全国の新規感染者について、「だいたいピークに達したというのがわたしたちの読み」との見解を示した。2020/8/21 https://this.kiji.is/669292198526174305


この記事は朝日新聞にも掲載されていたが、そこでも「わたしたちの読み」の根拠が示されていなかった。
今は1000人台の高止まりをしているが、2000人台、3000人台となるかは誰もわからないはず。

この記事が載った前後に、フランスやドイツなどで再び拡大しているというニュースが流れている。

「だいたいピークに達した」と思われて欲しいのは、安倍内閣である。
「GO TO」によって、経済をてこ入れしたいと考えている。
尾身茂氏は元厚生官僚。お仲間なのである。
こういう意味で、専門家を含め識者の発言の「科学性」ではなく、「政治性」が問われているのだ。わかりやすく言えば、「事実かどうか」

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    

関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/08/21 18:05 ] 一筆 | TB(-) | CM(1)
実効再生産数と日照時間
尾身会長の7月27日~29日が感染のピーク説に科学的根拠は何か読み取ってみると、実効再生産数が1を下回っている事だと思われました。他にないか、考えてみましたが、日照時間の少なさが思い付きました。今年は梅雨が長引き7月29日ごろまで日照時間が極度に少なかった。有神論者のせいかインスピレーションを指向しますので外れたら、ごめんなさい。
[ 2020/08/22 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する