fc2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  介護考 >  残酷な老老介護

残酷な老老介護

介護考(16)

「介護考(15)」と被る話。
昨日から母は老健施設で4泊5日のショートステイ。
送り届けたら、どっと疲れが出た。

改めて老老介護のことを考えてみた。
前には考えてもみなかったことだが、老(親)が年を重ねれば、老(子)も同じように年を取るということだ。
つまり、年を重ねれば介護は大変になり、子の負担は重くなる。
ややこしい言い方だ。分かりやすく具体的な例を示そう。

介護単身赴任を開始した10年前。
母は1人で2カ月に1回、病院に通っていた。
タクシーを呼んで、杖をついて、乗り込み、病院の受け付けをすませ、受診し、処方箋をもらって、薬局で薬をもらって、またタクシーで家に戻ってくる。
Uターンした当初は、付き合っていたが、何もすることがないので、病院通いは母1人で。別に不安がることはなかった。

今は、受診日を母に何度も教え(明日は~~、今日これから~~)、トイレをすましてもらってから、タクシーを呼ぶ。
タクシーの後部座席に乗り込んでもらうのは一苦労。病院の受け付けは小生、受診には付き添って、薬局で薬をもらって・・・。母がやるのは受診することだけ。それ以外はすべて小生がやるか、手助けをする。杖は補助車に変わった。
病院から家に戻ると、思わず、ため息が出てしまう。

母が年を取るのと同じように、小生も歳を取ったのだ。
Uターンした当初は、ヘルパー講座かなんかに参加して、寝たきりになった老人の糞尿の始末のやり方を学ぼうと思っていた。
しかし、今はもうそんな体力はない。母の体重は50キロ。コツがあるそうだが、それを学ぶ気力もない。
だから、できるのは一人でトイレに行ける筋力を維持させることだ。週3回のデイケア、週2回の訪問リハビリ。
トイレに行けなくなったら、施設に預けるしかないように思っている。変節である。

老老介護で不幸な出来事がたくさん起きている。無理心中が増えなければいいがと願うばかりだ。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/05/23 09:46 ] 介護考 | TB(-) | CM(2)
利用者本位
どうして米本さんは、今の段階で施設入所を選択しないのだろう?利用者本位でお母様の意志を尊重しているのでしょうか?
[ 2020/05/23 18:32 ] [ 編集 ]
Re:利用者本位
質問にお答えします。

その1・母を施設に入れたくないので、あえて仕事を捨て、Uターンしたのです。

その2・介護職員を含め、自分の親を施設に入れたくないと思っています。私も施設には絶対に入りたくありません。「己の欲せざる所は人に施す勿かれ」です。

その3・調べたわけではありませんが、厚労省の様々な制約によって、施設の運営が入所者本来のものになっていません。将棋を楽しそうにしているのに、時間になると、健康体操と歌唱になる。
確か中国映画だったと思うけど、老人施設で麻雀を楽しそうにしている場面があった。日本でもそんな施設があったら、はいってもいいかなと思います。

その4・感覚ですが、介護職員はどうも介護老人を下に見ているように感じます。もちろん、安全面ではものすごく丁寧に扱います。「ご主人様」といった態度で。

その5・身体のリハビリは単位としてやるべきですが、それ以外は将棋・花札・トランプ・麻雀・五目並べなどなど、自由にやってもらうようにすればいいと思います。
[ 2020/05/24 09:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する