FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  身辺雑記 >  病理検査結果\(^o^)/

病理検査結果\(^o^)/

身辺雑記(19)

悪性黒色腫ではなく、舌がん(扁平上皮癌)でした。
なぜ、\(^o^)/なのか。
皮膚がんは6種類あるそうだが、その中でも「悪性黒色腫はメラノーマともいわれる、悪性度の高いがん」となっています。
【皮膚がんの種類と症状を写真で解説!ほくろやシミとの違いは?https://medicalnote.jp/contents/160707-003-IM】

これに対して、舌がんは変な言い方ですが、まあふつうのがん。進行していなければ切除して終わり。
【舌がん(ぜつがん)https://ganjoho.jp/public/cancer/tongue/index.html】



病理検査では「表在性」(組織内部に浸潤していない)で、ステージは「1」
外来での予後の検査は続きますが、現状では「追加治療はなし」です。「死」から解放されました。精神は一気に弛緩。

舌がんで最近、話題になったのは俳優の堀ちえみさん。ステージは4でした。
【堀ちえみ 舌に「口内炎」で不安…「再発の恐怖を抱えて過ごしている」https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/堀ちえみ-舌に「口内炎」で不安…「再発の恐怖を抱えて過ごしている」/ar-BBXAlQg
<堀は口に痛い“できもの”ができ、かりつけ医や歯科医院で診察を受けたが、半年もの間、「口内炎」と言われ、塗り薬や飲み薬を服用。しかし、今年1月末、舌がんでステージ4と診断された。>
明らかな医療過誤だと思います。】

小生が「ステージ1」だったのは、定期検診を受けている神庭歯科医院の歯科衛生師が見つけてくれたからです。
これまで、何人もの歯科衛生師に歯石を取ってもらうなど、口腔ケアをしてもらってきましたが、神庭歯科の衛生師は口腔全体をチェックし、舌の裏側まで観察します。こんな衛生師に出会ったのは初めてです。
堀さんも、ここで歯を診てもらっていれば、少なくとも「ステージ4」となることはなかったはず。

衛生師がちょっとした組織変化に気づき、医師が確認するやすぐに松江日赤に検査予約を入れてくれました。すべてがスピーディに進みました。
ひたすら感謝感謝です。励ましの投稿にも感謝感謝です。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/12/26 20:55 ] 身辺雑記 | TB(-) | CM(3)
早期発見で良かった
早期発見で良かったですね。痛みを感じる様になってからだと、かなり進行している様です。私の知り合いは、堀ちえみさんと同じで、太腿の組織を移植して舌を「再建」(作り直し)しましたが、手遅れ状態でした。米本さんは、追加治療なし、リハビリに専念するだけですね。
[ 2019/12/26 22:37 ] [ 編集 ]
安心しました
歯科衛生士さんのおかげで早期発見ができて
本当に良かったですね。
お母様の安堵の様子も目に浮かんできます。

[ 2019/12/27 02:03 ] [ 編集 ]
安堵
よかったです。お大事にしてください。
[ 2019/12/27 10:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する