FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  >  今日の介護

ここにもコロナ禍

今日の介護(43)

入居してうまくやっているらしいけど、顔を見せて安心させてやりたい。<見捨てていないよ>

ところが、コロナである。面会は禁止となっている。事前に予約すれば、面会は可能らしいが、それも遠くから(?)15分。

家の整理整頓を早くして呼ばないと。1泊2日のお寿司コース。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    

介護生活9年。

今日の介護(42)

母が老人ホームに入った。
たとえば夜中の物音など、母のことを始終気にかけることがなくなり、解放された気分は正直ある。
でも、何か物悲しい気分もある。

介護のためにUターン離職して、約9年。
後悔は全くない。ただ、自分の人生に満足できたのかとなると、ちと疑問である。

地方に生まれ、育ち、親兄弟と一緒に過ごし、親の面倒を見る。
これが理想であり、こうした世の中にすることを「革命」だという人もいる。
[ 2020/12/03 16:18 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(0)

暗澹から蒼天に。

今日の介護(41)

母の身体が激変してから一週間。靴下やパンツが自分ではけなくなったから、介護は大々大変。
ところが、特別養護老人ホーム(特養)は1年待ち。介護老人保健施設(老健)は年末で入居申し込み殺到で、拒否された。
状況は頭の中では理解していたものの、真っ青
有料老人ホームに願いをかけた。
面接に行ったところ、1部屋が空きが出た、と。とてもとてもうれしかった。
都会ほど高くはないけど、それでも何がしかはかかる。しかし、背に腹はかえられない。
部屋を見学させてもらったけど、とても清潔で、明るい雰囲気だった。職員の対応も実に細やかであった。民間は違う。
[ 2020/11/28 09:20 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(0)

老老介護は限界に

今日の介護(40)

総胆管結石で退院したと思ったら、翌々日に「低体温」で再び病院に。
入院は5日間だけだったけど、合計1カ月以上、ベッド生活。

97歳だから、母の様子はすっかり変わってしまった。
惚けの程度がひどくなったこともあるが、歩行が困難に。

老老介護は限界に達した、ということもあるけど、下の清潔のためには施設に入ったがいいと、さっき決断した。
といっても空きがあるかどうかは別。

[ 2020/11/21 08:10 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(2)

総胆管結石ー手術無事終了

今日の介護(40)

今日(10月29日)、手術は無事に終わり。石はすべて取ったと。
けっこう、難易度が高い手術らしい。なかなかの腕前のようだ。
あっ、病院は松江生協病院の消化器内科です。(宣伝)

老母の生命力も褒めないといけませんねえ。

来週頭に退院となるけど、自宅に戻る前に老健施設でリハビリしてから、自宅を考えています。
ともあれ、一段落です。葬儀の準備をしなくてすんだ!(笑)
[ 2020/10/29 14:45 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(0)