FC2ブログ

ちんたら息子の母親介護日記

自分の親は自分で看るべしと思い立ち、妙齢のご婦人たちと涙の別れをして('∀')、還暦を機に、首都圏から故郷の松江に 「介護単身赴任」。
老母をめぐる出来事や日々の暮らし……人生いろいろ綴りたい。
ちんたら息子の母親介護日記 TOP  > 

びぇ~ん、圧迫骨折も!(大泣き

今日の介護(23)

 ウルトラ仮面さん、励ましのお言葉、ありがとうございました。
 ところで。

 ぎっくり腰が改善しつつあることは実感できていたけど、今度は別の痛みが出てきた。背骨の奥から生じるような痛み。整形外科でレントゲンを撮ったところ、診断名は「第1腰椎圧迫骨折」。ガキ~ン

 素人判断なのだが、朝5時に50キロの母を何度も何度も持ち上げたときに、ぎっくり腰と圧迫骨折が同時に起きたと推測する。
 ぎっくり腰は、筋肉が硬直して痛みが生じる。レントゲンなどの検査をしても、何も異常が見つからないことから、西洋医学(整形外科)では治療できない。整骨院で、手や針や電気で筋肉をほぐしてもらうしかない(と思う)。
スポンサーサイト
[ 2019/04/22 14:57 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(0)

耄碌のギアチェンジ(続)

今日の介護(22)

 退院から3日目。
 耄碌のギアが一段階進んだようだ。
「(母の汚れ物を)洗濯機に入れて」と言ったのに、ゴミ箱に捨てる。
「洗濯機とゴミ箱は違う!」
 耳の遠さも進んだようで、
「洗濯機とゴミ箱は違う!」
 つい大声を出してしまう。で、イラつく。母にも自分にも。イカンイカン、ス-ハ-ス-ハ-

 96歳が20日間もベッドで寝たきりになっていれば、耄碌も進むさ、と思うことに。
[ 2019/04/18 16:49 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(1)

ついに母退院!

今日の介護(21)

 ついに母退院です。
 すぐに介護用品の担当者の方がきて、ポ-タブルトイレを設置してくれた。安心・良かった。
 昼はイオンのお寿司。
 朝晩だった薬が朝・昼・晩になった。やらなければならないことが増えた。
 腰痛はまだまだあるけど、峠を確実に超えたと思う。

味深い記事だと思われた方は3つのバナーをクリック!
にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ    

母は退院に。

今日の介護(20)

 母は15日(月)に退院することになった。結果、入院期間は22日。
 今日、病院に関係者が集まり、退院後のことを打ち合わせした。
 実に多くの職種の人たちに支えられていることを、痛感した。すごいことだと改めて感じた次第である。

 集まったメンバ-を列記すれば--。
・病院の介護関係の相談員
・病院の看護師
・病院の作業療法師
・ケアマネジャ-(介護支援専門員)
・ヘルパ-センタ-
・デ-サ-ビスセンタ-
・訪門してくれている作業療法師
・訪門してくれている看護師
・福祉器具の担当員
 合計9人!である。
[ 2019/04/12 15:12 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(0)

大腸癌術後の痛みと比べて

今日の介護(19)

「痛い・痛い」から、大腸癌術後の痛さのことを思い出した。
「腹をズブッと刺されるよりも・・・ 」
 懐かしい記事である。
 これ(末尾)によると、手術をしてから痛み止めの薬をやめるまでの期間は7日間。それから5日後に退院しているから、痛かったのは10日間ぐらいだったと思う。

 ところが、今回のぎっくり腰は20日近くがなろうとしているが、痛みは続いたままだ。
 あらためて分かったのは、痛いと心が萎縮することだ。気持ちが萎え、積極的になれない。

 唐突なのだが、「拷問されたら、吐くなぁ」と思った。
[ 2019/04/11 13:19 ] 今日の介護 | TB(-) | CM(0)